“十寸見”の読み方と例文
読み方割合
ますみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
久野が、腰をめて近づいて来ていた。一人だと思ったのが、重なっていた十寸見が、うしろに動いて見えた。
元禄十三年 (新字新仮名) / 林不忘(著)
桜川由次郎、鳥羽屋小三次、十寸見和十、乾坤坊良斎、岩窪北渓、尾の丸小兼竹内三竺、喜斎等がその主なるものである。由次郎は後に吉原に遷って二代目善孝と云った。
細木香以 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
十寸見蘭洲が語って以来、有名になった曲である。
血煙天明陣 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)