“割勘”の読み方と例文
読み方割合
わりかん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
友人と遊ぶときでも、敢然と、割勘を主張して、ひそかに軽蔑を買っている様子である。人と行楽を共にする場合でも、決して他人の切符までは、買ってあげない。
春の盗賊 (新字新仮名) / 太宰治(著)
割勘のことだよ。保険には関係ない」
求婚三銃士 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
割勘などは、愉快でない。念のため、試問しよう。
渡り鳥 (新字新仮名) / 太宰治(著)