“切支丹族”の読み方と例文
読み方割合
きりしたんぞく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
まるで、のように這い出して来た囚われの人間と、それに驚いて駈けつけて来た切支丹族の者との間に、忽ちおそろしい活闘が起ったことは当然です。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
山岳切支丹族は、もとより秘密の集団です。禁制の宗教を奉じて、山から山を移り棲む、漂泊の民です。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
強い信仰、殉教の血、愛の聖火、それらをしのばせるようなこの植物の色は、まったく、わしたち山岳切支丹族の遠い聖祖、羅馬の王族ピオ様のこのみに合いそうな花ではないか
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)