“分捕品”の読み方と例文
読み方割合
ぶんどりひん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私は校庭にゑられた分捕品の砲身にり、肩にかけたを抱き寄せ、こゞみ加減に皆からじろ/\向けられる視線を避けてゐた。
途上 (新字旧仮名) / 嘉村礒多(著)
死体の処理や分捕品の始末などの奉行をいいつかって、戦後の曠野を、あちこち、巡視していた前田又左衛門は
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
戦車どろどろ事件は、そのをたいへんおどろかしもし、困らせもした。大事の分捕品が形がなくなったことも大困りだが、なぜどろどろにとけくずれたか、そのわけがわからないのだ。
人造人間エフ氏 (新字新仮名) / 海野十三(著)