“出船”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
でふね66.7%
でぶね33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「さあ、わたくしも、北ノ庄まででる船はないかと、ずいぶんたずねてみましたが、どうも折り悪く、出船でふねのついでがないそうで」
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そのとき、ちからのこもるちょうしで、ドント、ドント、ドント、ナミノリコエテ……と、あにがはたらきながら、出船でふねうたをうたっているのがこえました。
ペスときょうだい (新字新仮名) / 小川未明(著)
「いつどころじゃねえ、もう出船でふねのしたくをしているようすなんで、風のあんばいじゃ夕方にも、港をズリだすかも知れませんぜ」
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)