“出羽守”の読み方と例文
読み方割合
でわのかみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その後から、第一番に松平越中守久世大和守、松平周防守、牧野備中守岩城播磨守、それにお側御用御取次水野出羽守の以上六名が、いずれも一人一役のお歴々である。
魔像:新版大岡政談 (新字新仮名) / 林不忘(著)
この時は信政が宝永七年に卒したので、津軽家は土佐守信寿の世になっていた。辰盛は享保十四年九月十九日に致仕して、十七年に歿した。出羽守信著の家をいだ翌年に歿したのである。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
「伯父さんの家はたしか旧長谷川出羽守侯の藩士でしたねえ」
幽霊屋敷の殺人 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)