“凸字”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
とつじ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“凸字”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 伝記 > 個人伝記0.4%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
田中の塁には、柴田隊がって、氏家うじいえ、稲葉、安藤の諸隊が凸字とつじ形に、日吉ひえ神社の参道まで突出している。
新書太閤記:04 第四分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
井欄の前面に掌大しやうだい凸字とつじを以て金澤と記してある。
寿阿弥の手紙 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)