“円肌”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
まるはだ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“円肌”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 戯曲0.5%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
あの、円肌まるはだで、いびつづくった、尾も頭も短う太い、むくりむくり、ぶくぶくと横にのたくりまして、毒気どくきは人を殺すと申す、可恐おそろしく、気味の悪い、野槌のづちという蛇そのままの形に見えました。
多神教 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
PR