“内見”の読み方と例文
読み方割合
ないけん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
むむ、雑訴決断所なら郁芳門のそばではないか。あそこへ行ってみよう。あそこの外記蔵人でもつかまえて、論功ノ内見させろといったら、見せぬともめまい。
初めて文展が出来た時、私たちは何も知らずに暮していたが、多少大人びた者どもは、ひそかにお互の眼をめて作品を持って先生たちの内見いに伺うものが現れたようだった。
めでたき風景 (新字新仮名) / 小出楢重(著)
わがおやかた多聞兵衛殿へは、その忠誠にめでて、内見をゆるされ、今朝、秋ノ坊の別当とお館とただお二人ぎりで、斎戒沐浴のうえ、上宮太子の御霊屋にて、そっと拝覧を給わったものだ。
私本太平記:05 世の辻の帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)