“六本木”の読み方と例文
読み方割合
ろっぽんぎ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
十二、三歳のかわいらしい小学生が、麻布六本木に近い、さびしい屋敷町を、ただひとり、口笛を吹きながら歩いていました。
妖怪博士 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
お千代が貯金をしている郵便局は麻布六本木阪下にある谷町の局である。それはこの春桜川町へ引移るまで一年あまり、その近くの横町に間借をしていたことがあったからで。
ひかげの花 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
時には私は用達のついでに、坂の上の電車六本木まで歩いてみた。
(新字新仮名) / 島崎藤村(著)