“六方”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ろっぽう33.3%
ろつぱう33.3%
ロツパウ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“六方”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日本文学0.9%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
花道はなみちから八才子が六方ろっぽうを踏んで現れるという花々しいに、どうしたものだかお約束の素足すあしの下駄穿きを紅葉だけが紺足袋を脱ぐのを忘れていた。
奴詞やつこことばは一種粗雜な言葉づかひ、六方ろつぱうことば、關東くわんとうべい、とある。
凡愚姐御考 (旧字旧仮名) / 長谷川時雨(著)
其がもつと外面式に表現せられたものは、六方ロツパウ・丹前の類の語で、所作行動から、性格までも偲ばせるやうになつたのだ。
文芸の力 時代の力 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)