“兄人:セウト” の例文
“兄人:セウト”を含む作品の著者(上位)作品数
折口信夫3
釈迢空1
“兄人:セウト”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
日のみ子さまの御側仕へのお人の中には、あの様な人もおいでになるものだらうか。我がの父や、兄人セウトたちも、世間の男たちとは、とりわけてお美しい、と女たちは噂するが、其すら似もつかぬ……。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
日のみ子さまの御側仕へのお人の中には、あの樣な人もおいでになるものだらうか。我がの父や、兄人セウトたちも、世間の男たちとは、とりわけてお美しい、と女たちは噂するが、其すら似もつかぬ……。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
日のみ子さまの御側仕へのお人の中には、あの樣な人もおいでになるものだらうか。我がの父や、兄人セウトたちも、世間の男たちとは、とりわけてお美しい、と女たちは噂するが、其すら似もつかぬ……。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)