“元柳橋”の読み方と例文
読み方割合
もとやなぎばし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大川端なる元柳橋は水際に立つ柳と諸共全く跡方なく取り払われ、百本杭はつまらない石垣に改められた。
其の儘戸外へ飛出して直に腕車に乗り、ガラ/\ガラ/\と両国元柳橋へ来まして
しかして両国橋よりやや川下のに小橋あって元柳橋といわれここに一樹の老柳ありしは柳北先生の同書にも見えまた小林清親翁が東京名所絵にも描かれてある。