“働女”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
はたらきおんな100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“働女”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸3.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
黙れ、なに馴染がどうした、馴染なら如何いかに無礼致しても済むと思うか、手前にはいさゝか祝義を遣わした事も有るが、どれ程の馴染だ、又拙者は料理屋の働女はたらきおんなに馴染は持たん、無礼を働いても馴染なら許して貰えると思うか
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
これは始めてお目に懸りました、手前は土手下に世帯しょたいを持っている宮野邊源次郎と申す粗忽そこつの浪人、家内國こと、笹屋方にて働女はたらきおんなをなし、わずかな給金にてよう/\其の日を送りいる処、旦那より深く御贔屓を戴くよし