“傍説”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
エピソード100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“傍説”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
その代り鉛筆と解剖刀メスが必要なんですよ。そりゃ僕も、一度は津多子夫人を、風精ジルフェの自画像として眺めたことはありましたがね。ところが田郷さん、これがまた、悲痛きわまる傍説エピソードなんですよ。あの人は、死体となってからも、喝采かっさいをうける時機を失ってしまったのですからね。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)