“偽役人”の読み方と例文
読み方割合
にせやくにん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「あははは」突然、大勢の爆笑が起って、ぞろぞろと出てきた異様な人影が、偽役人の彼をとり巻いてその肩をたたき
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
と言って竜之助は、二人の偽役人が乗って来た乗物におの連中をそのままにして乗り込んでしまいました。
大菩薩峠:10 市中騒動の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
偽役人であろう?」
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)