“偏傾”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
へんけい100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“偏傾”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
慾得よくとくのためにのみ一緒になっているとしか思えない小野田に対する我儘わがままな反抗心が、彼女の頭脳あたまをそうも偏傾へんけいせしめた。
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)