“候而”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
そろて100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“候而”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
せめて時々御伺にも相出候へば宜候に、衰耄それも出来かね候而そろて不可奈何いかにもすべからず候。扨々恐入候御事に御坐候。我兄迄感泣之万一を申上候。御憐察可被下候。晋帥。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)