“修羅黒縄”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しゅらこくじょう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“修羅黒縄”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
今しがたまで自分の語りふけっていた修羅黒縄しゅらこくじょうの世界と、この薄らのようにすき透った光の世界との間には、どういう関わりがあるのかと思ってみる。
雪の宿り (新字新仮名) / 神西清(著)
今しがたまで自分の語りふけつてゐた修羅黒縄しゅらこくじょうの世界と、この薄らのやうにすき透つた光の世界との間には、どういふ関はりがあるのかと思つてみる。
雪の宿り (新字旧仮名) / 神西清(著)