“佩玉”の読み方と例文
読み方割合
はいぎょく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「皆、私の朋輩ですよ、いちばん後ろにいた蓮の花のように白い着物を着たのは、漢皐台の下で佩玉を解いて交甫に与えた方ですよ」
竹青 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
昔の貴人公子が佩玉を楽んだように、かちりと前歯に当る陶器のかな響には、鶴や若松を画いた美しい塗盃びも、忘れしめるものがあった。
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)