“佞媚”の読み方と例文
読み方割合
ねいび100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
名物の蜆汁だの看板の芋の煮ころがしに、刺身鳥わさなどで、酒も二猪口三猪口口にしたが、佞媚な言葉のうちに、やり場のない怨恨を含んで
仮装人物 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
多くの女子は男子に対して佞媚であり、男子はややもすればこれに魅せられて身を誤る。
婦人問題解決の急務 (新字新仮名) / 大隈重信(著)
と千浪の側へ佞媚の顔をすり寄せて来た。
剣難女難 (新字新仮名) / 吉川英治(著)