“何軒”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
なんげん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“何軒”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
そういうふうにして、何軒なんげんか廻って風呂敷にいっぱい米がたまると、猿はそれを抱えて、一散いっさんに走り出しました。
キンショキショキ (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)