“佐藤一斎”の読み方と例文
読み方割合
さとういっさい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
佐藤一斎の撰んだ墓誌に、「ソノク所ノ園林ハ方向位置自ラ一種ノ幽致アリ世好ト同ジカラズ。」
下谷叢話 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
一、佐藤一斎にかありけん、聖人は赤合羽の如し、胸に一つのしまりだにあれば全体はただふわふわとしながらに体を離れずと申せしとか。元禄調のしまり具合は先づこんなものなるべし。
俳諧大要 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
そして世話をして佐藤一斎の家の学僕にした。妙源寺は今艮斎の墓碑の立っている寺である。それから二十一歳にして林述斎の門にった。駿河台に住んで塾を開いたのは二十四歳の時である。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)