“佐夜”の読み方と例文
読み方割合
さよ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その政長の軍は、吉良満貞を討って海道へ伸び、佐夜中山でもまた、直義の先手上杉憲顕を打ち破った。
私本太平記:13 黒白帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
掛川と云えば佐夜中山はと見廻せど僅かに九歳の冬此処を過ぎしなればあたりの景色さらに見覚えなく、島田藤枝など云う名のみ耳に残れるくらいなれば覚束なし。
東上記 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
佐夜中山にて
芭蕉雑記 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)