“伊賀越”の読み方と例文
読み方割合
いがごえ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
我翁行脚の頃伊賀越しける山中にて猿に小蓑を着せてはいかいのたまひければ……」
俳句とはどんなものか (新字新仮名) / 高浜虚子(著)
彼等の来様かったので、三番叟は早や済んで居た。伊賀越の序幕は、何が何やら分からぬ間に過ぎた。彼等夫妻も拝殿から下りて、土間にり込み、今幕があいた沼津の場面を眺める。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
かの伊賀越の敵討、その起因は当国で御座った。
備前天一坊 (新字新仮名) / 江見水蔭(著)