“以言”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
もちとき100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“以言”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
具平ともひら親王は文を好ませたまいて、時の文人学士どもを雅友として引見せらるることも多く、斉名まさな、大江ノ以言もちときなどは、いずれも常に伺候したが、中にも保胤は師として遇したもうたのであった。
連環記 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)