“仏餐”の読み方と例文
読み方割合
ぶっさん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
仏餐を賜わっていたのであるから、誰も演舞までやり出すような大酔はしていないが、しかしここの顔ぶれの中でも、ればずいぶん演り得る隠し芸の持ち主はいそうである。
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)