“仏鉢”の読み方と例文
読み方割合
ぶつばつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
華氏国王、すなわち馬鳴菩薩と、仏鉢と、一の慈心鶏を以て各三億金銭に当て、罽昵吒王に献じた。馬鳴菩薩は智慧殊勝で、仏鉢は如来が持った霊宝たり。かの鶏は慈心あり。虫の住む水を飲まず。