“仏戒”の読み方と例文
読み方割合
ぶっかい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
やがて愚僧二十歳に相なり候頃より、ふと同寮の学僧に誘はれ、品川宿妓楼に遊び仏戒を破り候てより、とかく邪念に妨げられ、経文修業も追々おろそかに相なり
榎物語 (新字新仮名) / 永井荷風(著)