“介補”の読み方と例文
読み方割合
かいほ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
実子のないものは配処に於いて介補として二人扶持を下し置かれ、幡多中村の蔵から渡しわされると云うのが三つである。九人のものは相談の上、橋詰を以て申し立てた。
堺事件 (新字新仮名) / 森鴎外(著)