“仁太夫”の読み方と例文
読み方割合
にだゆう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その第一世だった明石志賀之助は身のたけ六尺五寸、体量四十八貫、つづいて大関を張った仁王仁太夫は身のたけ七尺一寸、体量四十四貫、同じく大関だった山颪嶽右衛門は体量四十一貫