“仁太郎”の読み方と例文
読み方割合
にたらう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
に死別れたのは茶摘みのはじまる時候だつた。倅の仁太郎は足かけ八年、腰ぬけ同様に床に就いてゐた。
一塊の土 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)