“人蕩”の読み方と例文
読み方割合
ひとた100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
(伯耆どのは、人蕩らしの名人といわるる秀吉から、すっかり甘いお土砂をかけられて、ほくほく帰られたそうな)
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
人は秀吉を、人蕩らしの名人というが、数正は、そうは思っていない。秀吉は、自分の真価をみとめていてくれる。
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)