“人羹”の読み方と例文
読み方割合
にんかん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ところが『清悦物語』以下の書においては、人羹または仁羹と名づくる朱の色をした魚の肉と称して、ほとほと凡人をして断念せしむるに足るような、珍しい遭遇を説いているのである。
雪国の春 (新字新仮名) / 柳田国男(著)