“人竝”の読み方と例文
新字:人並
読み方割合
ひとなみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さればとよ、一門沒落の時は我も人竝に都を立ち出でて西國にりしが、行くも歸るも水の上、風に漂ふ波枕此三年の春秋は安き夢とてはなかりしぞや。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)