“人相観”の読み方と例文
読み方割合
にんそうみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼は、僧形でこそあれ、毛利輝元の政略にも参与しておる人物です。……蘭丸どの、どうじゃ、それがしの方が、はるかに人相観上手であろうが、はははは
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それは新三郎も望むところであったが、ただ孫店に住む白翁堂勇斎と云う人相観が、何かにつけて新三郎の面倒を見ているので、それに知れないようにしなくてはならぬ。
円朝の牡丹灯籠 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
いや、観相というものは、りますよ。わたくしの母などは、よく申します。亡父の三左衛門も、討死する以前、或る人相観に、それとなく予言をうけていたそうでした。
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)