“人溜”の読み方と例文
読み方割合
ひとだまり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ふとそのとき、彼は梅雨空に溶け込む夜の濃密な街角から、めく耳環の色を感じた。彼はその一点を見詰めたまま、洞穴を造った人溜の間を魚のように歩き出した。
上海 (新字新仮名) / 横光利一(著)