“人摺”の読み方と例文
読み方割合
ひとず100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
竜吉の死んだのを発見した時の驚き、それも八五郎が報告してくれたほかにはなんにもなく、丁稚の定吉は賢こい子だが、人摺れがして少し悪賢こくはないか——などと言い添えます。