“京阪地”の読み方と例文
読み方割合
かみがた100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
何処にも白粉の影は見えず、下宿屋の二階から放出した書生らしいが、京阪地にも東京にも人の知った、巽辰吉と云う名題俳優
浮舟 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
二十四五の中年増で、内証は知らず、表立った男がないのである。京阪地には、こんな婦人を呼ぶのにいのがある。(とうはん)とか言う。
甲乙 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
京阪地の方だそうで、長逗留でござりました。——カチリ
怨霊借用 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)