“京地”の読み方と例文
読み方割合
けいち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
手兵を引具して、京地を目指して乗込んで来るという事実と、風聞が、東山道沿道の藩民の心胆を寒からしめたことは昨日のようだけれども、もうその事が結着してから
大菩薩峠:33 不破の関の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)