“京謡”の読み方と例文
読み方割合
きょううた100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
橋廊下と廻廊の角の柱にもたれかかって、義元は、扇で手拍子をとりながら京謡低声口誦んでいた。女かと疑われるほど、色白に見えるのは、薄化粧をしているからであろう。
新書太閤記:02 第二分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)