“京職”の読み方と例文
読み方割合
きょうしき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
贓贖司囚獄司、五衛府京職、諸国司などの部局が、各構内にわかれ、各〻、庁舎をかまえて、衣冠の官吏が、それらをつなぐ長い朱塗り青塗りの唐朝風な歩廊を、のんびりと、書類などかかえて
平の将門 (新字新仮名) / 吉川英治(著)