“乱酒”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
らんしゅ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“乱酒”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸1.6%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
さア、私が此のへ縁付いて来たのは、今年で丁度十七年前の事、元私の良人つれあいは小出様の御家来で、お馬廻り役を勤め、百五十石頂戴致した黒川孝藏と云う者でありましたが、乱酒らんしゅ故に屋敷は追放、本郷丸山の本妙寺ほんみょうじ長屋へ浪人していました処