“久米邦武”の読み方と例文
読み方割合
くめくにたけ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
久米邦武の奈良朝史をノートをとりながら読む。深夜になお酷熱。水風呂にはいり、ようやくることができた。
しかし久米邦武氏(奈良朝史、四六ページ)によれば、京畿は二十二束、諸道は十五束である。
日本精神史研究 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
その一行、随員従者留学生等総員百七名の中に、佐賀県人の久米邦武がある。
夜明け前:04 第二部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)