“久方振”の読み方と例文
読み方割合
ひさかたぶ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その伊豆がある朝突然久方振りに痴川を訪ねて来たので、痴川は吃驚するもなくみるみる相好を崩して喜んだ。
小さな部屋 (新字新仮名) / 坂口安吾(著)
私は、久方振りのこうした安楽した気持におちついたので、願わくば、今二三月もこの土地で静養したいものだと、ふとそんな贅沢な心が芽生えてくるのだった。
暗号音盤事件 (新字新仮名) / 海野十三(著)
その時、ふっと私は、久方振りで、しい幸福感を味わいました。
おさん (新字新仮名) / 太宰治(著)