“丹治”の読み方と例文
読み方割合
たんじ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
小坂丹治香美郡佐古村金剛岩で小鳥を撃っていた。丹治は土佐藩のであった。それは維新のすこし前のことであった。
怪人の眼 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
こゝに以前此の家に奉公を致していました丹治と申す老爺がありまして、時々見舞に参ります。
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
る付きの別品、しかも実の有るのにい附かれて、叔母さんに油を取られたと云ッては保護してい、ヤ何だと云ッては保護して貰う、実に羨ましいネ。明治年代の丹治と云うのはこの男の事だ。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)