“世間態”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
せけんてい100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“世間態”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「えっ……」と内儀ないぎは少しあとずさって、「まあ、気味の悪い屑屋さんだ。毎日この辺ばかり歩いているし、それに稼業かぎょう馴れないふうだから、可哀そうに思って呼んでやったのに……、じゃ、屑屋は世間態せけんていだけなのね」
鳴門秘帖:02 江戸の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
なまなか後妻と妥協して、しかも絶えずその後妻に裏切られながら、唯ひとりの長男を旅の空で苦労させてゐると云ふことは、いろ/\の意味で自身の心を暗くし、寂びしく不安にし、世間態せけんていを恥づる気持にまでもならせるに違ひなかつた。
ある職工の手記 (新字旧仮名) / 宮地嘉六(著)