“下新川”の読み方と例文
読み方割合
しもにいかわ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
に次ぐものは主要部の北端に在る白馬岳で、海抜高距二千九百三十三米、最高点は長野県北安曇郡と富山県下新川郡に跨り、東微北に向って行くこと十町余りで山脈は二岐し
白馬岳 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
この人去ってのち一つずつ無くなってしまったというが、鹿々もその一つのように思うとのことである。ただし文句の翻訳口調になっているのは、越中下新川のが最も近いだけで、越後では
こども風土記 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
ババスズメ 同 下新川