“ライバル”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
敵手40.0%
競争者40.0%
戀敵20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
敵手の日興コンツェルンが、なんとかしてボーキサイトの採掘権を林の手から取上げようと、皇帝の反対派、すなわち皇甥擁立派を突ついて盛んに暗躍してるという事が
魔都 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
こんな戀敵の爲めに私を裏切るやうな女なら爭ひ甲斐もない。輕蔑してやりさへすれば、それでいゝのです。だが、それにしても私よりは増しですよ、私と來ては其奴にされてゐたんですからね。