“ゼーレ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
心像50.0%
性情50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
不在証明アリバイ、採証、検出——もうそんなものは、維納ウインナ第四学派以後の捜査法では意味はない。心理分析プシヒョアナリーゼだ。犯人の神経病的天性を探ることと、その狂言の世界を一つの心像鏡として観察する——その二点に尽きる。ねえ支倉君、心像ゼーレは広い一つの国じゃないか。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
曰く性情ゼーレの動作にして意思ガイスト——考察と共に詩術の要素をかたちづくるもの即ちこれなり。
舞姫 (新字旧仮名) / 石橋忍月(著)